Go Toトラベル地域共通クーポンご利用可能です。休止中・制度再開時に当店でも再開します。2021/02/17更新


新型コロナウイルス対策ガイドライン2021/05/30更新 

当店で行うこと

  • 1 予約はすべて仮予約とし、島内の感染状況、医療体制などを考慮し、催行の可否を判断します。また午前1組、午後1組に限定します。蜜を避けるため1組2名様までの同一グループとし、3名以上の場合(ファンダイブのみ、体験ダイビングは最大2名まで)はご相談ください。催行不可となった場合でもあらゆる保障や他店への振り替えなどはできませんのでご了承ください。
  • 3名以上のお客様を受け入れる条件:1.ショップツアーなど同行するインストラクターなどが衛生管理を行う場合。2.リピーターのお客様で、お客様のスキルをガイドが把握している場合。3.経験本数、ブランクの有無から推察し、インストラクター、ガイドの補助が必要最小限であると判断できた場合。
  • 3ファンダイブご希望の場合は、早朝ダイビングを含む午前中3ダイブをお勧めしております。 当日のスケジュールに空きがある場合に限り、午後から追加ダイブも可能となります。
  • ※午後からの追加ダイブを含む3ダイブのご予約もできますが、3ダイブ目をキャンセルされた場合はキャンセル料50%(3,000円)を承ります。早朝ダイビングを含む3ダイブの場合はキャンセル料は必要ありません。
  • 2 送迎車内では運転手はマスクを着用し、乗車前後にアルコール、次亜塩素酸水にて消毒します。
  • 3 車内、ボート上、休憩時には密にならないようソーシャルディスタンスを確保します。
  • 4 ブリーフィング(説明)時にはマスクもしくはフェイスシールドを着用します。

お客様にお願い

  • 1 体調管理をしてください。発熱、せき、頭痛などの症状(例:”ちょっと風邪気味”など)がある場合はキャンセルとさせていただきます。
  • 2 送迎車内ではマスクを着用してください。また備え付けの消毒液をご使用ください。レンタカーのご利用をお勧めいたします。
  • 3 機材持参の場合はご自身で管理してください。お預かりすることはできません。
  • 4 レンタル器材については下記、レンタル機材の衛生管理についてをご覧ください。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。


レンタル機材の衛生管理について2020/06/17更新

  • 1 レギュレーターセカンドステージ(咥えて呼吸する部分)およびマスクについては、使用後に中性洗剤による洗浄と次亜塩素酸水にて消毒を行います。また流水により薬剤を洗浄した後、自然乾燥させています。使用直前にはアルコールスプレーにより再度消毒を行います。
  • 2 ウエットスーツ、ブーツ、グローブは塩素系漂白剤により消毒を行います。その後、流水により薬剤を洗浄し乾燥させています。
  • 3 ウエットスーツの下には基本的に薄いインナースーツを着用していただきます。インナースーツは使用後には中性洗剤、洗濯機にて洗っています。

ウイルス、細菌などの感染防止のため常に衛生面には気を付けております。気になる点などありましたらご相談ください。またボートには消毒用アルコールや次亜塩素水を常備しています。ご自身の機材の消毒にもご利用いただけます。


  • 2ボートファンダイブ 11,500円 税込み(mailやお電話などで前日までにご予約いただいた場合の価格です。通常価格13,000円)2021年4月~
  • 体験ダイビング1回 12,000円 税込み(mailやお電話などで前日までにご予約いただいた場合の価格です。通常価格13,000円)2021年4月~
  • 体験ダイビング2回 18,000円 税込み(mailやお電話などで前日までにご予約いただいた場合の価格です。通常価格19,000円)2021年4月~
  • 体験ダイビングで海中宮殿 条件付:体験ダイビング2回であること、体調が良いこと、ストレスが少ないこと、海況が良いこと、など

鹿児島県最南端、沖縄本島辺戸岬から23kmに位置する周囲24kmの小さな美しい島です。島の北側にはバリアリーフが広がり、穏やかな内海とダイナミックな外海があります。沖合いに出現する幻の砂浜「百合が浜」が特に有名です。ちなみに「よろんじま」と読みます。

ダイビングスタイルはほぼ100%ボートダイビングです。1ダイブごとに帰港して港にて休憩できます。基本的に午前中2ダイブ可能です。


2003年4月オープン。スタッフ1名、ボート1艇、ミニバン1台で運営している小さなダイビングサービスです。店舗はありませんが港の設備が充実しているので不便なことは無いかと思います。

代表 ウシムラ マサトシ PADIインストラクター802502 伊豆からはじまり与論島、ミクロネシアのポナペ、マリアナのサイパン、そして与論島に出戻りです。



※日中、お電話に出れないことが多く、また説明することが多岐にわたるため、メール、LINEでのお問い合わせをお勧めします。